HOME > CASE > 【車両】トラックのサイズと種類

車両

トラックのサイズと種類

トラックのサイズと種類

軽トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 3,395×1,475
最大積載量(kg) 350

1t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 4,280×1,680
最大積載量(kg) 800

2t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 4,685×1,695
最大積載量(kg) 2,000
タイプ
車体外寸 全長×全幅(mm) 4,990×1,890
高さ(mm) 3,000
最大積載量(kg) 2,000
タイプ ロング
車体外寸 全長×全幅(mm) 6,460×2,190
最大積載量(kg) 2,000

3t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 4,690×1,695
最大積載量(kg) 3,000
タイプ
車体外寸 全長×全幅(mm) 5,005×1,890
高さ(mm) 3,090
最大積載量(kg) 3,000
タイプ ロング
車体外寸 全長×全幅(mm) 7,310×2,185
最大積載量(kg) 3,000

4t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 7,600×1,790
最大積載量(kg) 4,000
タイプ
車体外寸 全長×全幅(mm) 8,195×2,260
高さ(mm) 3,500
最大積載量(kg) 4,000
タイプ ロング
車体外寸 全長×全幅(mm) 8,600×2,200
最大積載量(kg) 4,000

6t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 7,685×2,470
最大積載量(kg) 6,300

8t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 8,440×2,470
最大積載量(kg) 8,000

10t トラック

タイプ 平ボデー
車体外寸 全長×全幅(mm) 11,950×2,490
最大積載量(kg) 10,000
タイプ
車体外寸 全長×全幅(mm) 11,950×2,490
高さ(mm) 3,790
最大積載量(kg) 10,000

20ftコンテナトラック

車体外寸 全長×全幅(mm) 11,480×3,748
高さ(mm) 3,748
最大積載量(kg) 24,000

40ftコンテナトラック

車体外寸 全長×全幅(mm) 16,395×2,438
高さ(mm) 3,796
最大積載量(kg) 30,480

40ftコンテナトラック Hi Cube

車体外寸 全長×全幅(mm) 16,395×2,438
高さ(mm) 4,082
最大積載量(kg) 30,480

※寸法は車種により若干の誤差はあります。

トラック豆知識

小型トラックとは?
車両総重量が5トン未満、かつ最大積載量が3トン未満
中型トラックとは?
車両総重量が5トン以上、又は最大積載量が3トン以上であって、車両総重量が11トン未満、かつ最大積載量が6.5トン未満のトラック
大型トラックとは?
車両総重量が11トン以上、又は最大積載量が6.5トン以上のトラック

増トン車とは? 4tロング車と中型車の大きさは変わらない?

増トン車と言う言葉はご存知でしょうか?
中型トラックの積載量を増加させたトラックの事を言います。

中型トラックの一般的な積載量は4tですが、4tトラックをベースに車軸やフレーム、足回りなどを強化して4t以上の積載量を可能にしたトラックです。
6t車や8t車を見かけますが、4t車と大きさは左程変わりません。
現在使用しているトラックを増トンすることも可能です。
積載量は、6.5t~8tまで可能です。

しかし現在ではディーラーなどで中型車のラインナップとして取り扱いがあるので増トン車と言わなくても標準化して販売しているディーラーも有ります。

トラックの積載量を確認する方法

トラックの積載量

車体後部に張られているシール「最大積載量」で見分ける事が可能です。

車両総重量?積載量とは?

車両総重量
トラックの車両重量に乗車が許される定員や最大積載量の荷物を積んだ走行状態での全重量です。
積載量
トラックに積める荷物の重さの事です。積載量はトラックによって異なりますが、車両ごとに決まっています。この積める荷物の最大の重さを「最大積載量」と呼んでいます。最大積載量を超えた荷物を積んで走行すると法律違反になります。
まとめ

いかがでしょうか。
倉庫内に大型トラックの進入可能か?
前面道路に大型トラックは通れるか?
シャッターの高さは大丈夫か?
この様なご質問をよく耳にします。
進入不可でも、倉庫や工場はトラックが進入出来るように工事する事も可能です。
トチタテビルディングは倉庫・工場・物流センター・事業用物件専門の不動産会社です。
是非一度お問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

物件をお持ちのオーナー様、物件をお探しのテナント様、
両方の目線から見た倉庫・工場のノウハウ教えます。

メルマガ登録

ページトップ